子どもの理解と援助 

著者
井戸ゆかり 編著 園田巌・紺野道子 著
版型・頁
A5判 232頁(2022/05/26)
ISBN
978-4-89347-344-8
価格
1,980 円(税込)
数 量

テキスト採用をご検討の先生方はこちらから見本を取り寄せ頂けます。

テキスト採用をお考えの先生はこちら

概要

子どもを知り、子どもから学ぶ。
書き込み式の豊富な事例問題を通して、実際の保育現場における発達のとらえ方と、それに応じた具体的な援助を心理学的アプローチから身につけられます。
執筆者は全員、保育者養成校の教員であるとともに、施設や保育所の園長を務めた者、巡回指導員として保育者に助言・支援している者、臨床の現場で発達障害の治療教育や相談を受けている者、とバランスの良さが特徴です。この3人が理論だけ、あるいは保育実践だけが先行するのではなく、両者の融合を目指して執筆しました。
教職課程科目「幼児理解の理論及び方法」のコアカリキュラムにも準拠しています。

主要目次

第1章 子どもの実態に応じた発達や学びの把握
1 保育における子どもの理解の大切さ
2 子どもの理解にもとづく養護及び教育の一体的展開
3 子どもに対する共感的理解と子どもとのかかわり

第2章 子どもを理解する視点──子どもとのかかわりから
1 子どもの生活や学び
2 子ども相互のかかわりと関係づくり
3 集団における経験と育ち
4 葛藤やつまずき
5 環境としての保育者と発達

第3章 子どもを理解する視点──保育の環境から
1 保育の環境の理解と構成
2 環境の移行や変化
3 生涯にわたる生きる力の基礎を培う
Column ヤマアラシのジレンマ

第4章 子どもを理解する方法
1 子どもの心身の発達を理解するには
2 記録
3 省察・評価
4 職員間の対話
5 保護者との情報の共有

第5章 子どもの理解にもとづく発達援助
1 発達の課題に応じた援助とかかわり
2 発達援助における協働
Column ファシリテーション
3 特別な配慮を要する子どもの理解と援助
Column 気になる子どもへの保育現場での工夫の一例
4 発達の連続性と就学への支援
Column 幼児期の終わりまでに育ってほしい姿
Column アプローチカリキュラムとスタートカリキュラム