思いやりが育つ保育実践 | 萌文書林

萌文書林

  • カテゴリー検索
  • 書籍一覧
  • カートを見る
  • テキスト採用見本
  • 正誤表ダウンロード
  • 会社概要
  • 支払い・送料について

research-item

086

思いやりが育つ保育実践

著者
千羽喜代子・長山篤子・帆足暁子・永田陽子・青木泰子 著
版型・頁
A5判 220頁 (2005/5/21)
ISBN
978-4-89347-086-7
税込価格
¥1,980円(本体 ¥1,800円+税)
数量

こちらの書籍は見本誌はありません。

概要

086

思いやりが育つ保育実践  (086)

定価(税込)
¥1,800
販売価格(税込)
¥1,980
在庫状態 : 在庫有り

“思いやり”とは日本独特の心情で相手に「思いを遣る」という気持ちを表現した言葉である。本書はその実践を明らかにするために調査・研究してきた数多くの子どもの観察事例から「思いやりが育つことの意味」「縦断的観察から見る思いやりの育つ過程」を中心に、子どもの“思いやり”が育つには、子どもの行動や状況に対してどう理解し、どう援助を行えばよいかについて詳述した。

数量

もくじ

1章 思いやりを概観する
  1.思いやりとは
  2.思いやりの発達過程
2章 観察と調査による思いやりの育ち
  1.思いやりの育ちを縦断的に見る
  2.思いやりの育ちを横断的に見る
3章 思いやりの育ちから見えるもの
  1.思いやりが育つことの意味
  2.思いやりは道徳性につながるか
  3.D男とN子の発達過程
4章 保育の実践を通して思いやりが育つということを考える
  1.相手に気持ちを汲んでもらおうとする
  2.相手と気持ちを共有する
  3.相手の気持ちに気づく
  4.相手の気持ちを汲む
  5.気持ちの流れを汲み合う
  6.相手の心に積極的に関心をもつ
  7.相手を援助しようとする
  8.自分の行動と他児の気持ちを関連させながら状況を判断する
  9.子どもの葛藤のときを共にする保育者
  10.自己実現する子ども
  11.保育者の主体性・子どもの主体性
今後の課題

Copyright© HOUBUNSHORIN All rights reserved.