〈新訂〉子どもと人間関係

著者
大場牧夫・大場幸夫・民秋 言 著
版型・頁
A5判 218頁(2008/09/15)
ISBN
978-4-89347-065-2
価格
1,760 円(税込)
数 量

テキスト採用をご検討の先生方はこちらから見本を取り寄せ頂けます。

テキスト採用をお考えの先生はこちら

概要

幼稚園教育要領・保育所保育指針における領域とは、いうまでもなく、子どもの発達をみる視野として、発達の側面とのかかわりで考えられており、相互に密接な関連をもち「相互性」と「総合性」を前提としている。つまり、一つの側面のみをとらえて指導のあり方を論じ、実践することがあってはならない。
本シリーズは、領域をそれぞれの子どもの育ちをみる視点ととらえ、子どもの活動を総合的に考え、それに対して保育者としてどうかかわっていけばよいのか、これからの幼児教育・保育はどうあるべきかを考えた保育内容シリーズである。

主要目次

〈第1部〉 発達と環境
1章 子どもの発達と環境
2章 子どもが育つ保育環境
〈第2部〉 人とのかかわりの育ち
3章 領域「人間関係」について
4章 園生活と「人とのかかわり」の育ち
5章 「人間関係」の育ちにかかわる実践的な問題点
〈第3部〉 計画と実践・評価
6章 計画と実践
7章 実践のチェックポイント
8章 事例研究