幼児教育知の探究15 領域研究の現在<健康> | 萌文書林

萌文書林

  • カテゴリー検索
  • 書籍一覧
  • カートを見る
  • テキスト採用見本
  • 正誤表ダウンロード
  • 会社概要
  • 支払い・送料について

item

115_web

幼児教育知の探究15 領域研究の現在<健康>

著者
森司朗・青木久子
版型・頁
A5版 312頁 上製(2020/06/27)
ISBN
978-4-89347-115-4
税込価格
¥2,750円(本体¥2,500+税)
数量

こちらの書籍は見本誌はありません。

概要

定価(税込)
¥2,500
販売価格(税込)
¥2,750
在庫状態 : 在庫有り
数量

「心が動けば身体が動く」「身体が動けば心が動く」心身の相関関係を子どもの内発的な動機を軸に紐解く

本書は3部構成になっている。
 第1部では,古代から今日に至る人々の健康の概念規定を中心に,その知恵を捉えている。また,そのような文化背景を前提に,現代の子どもの身体の変調に関して,人間の身体の仕組みについて再確認し,幼児期の身体と脳の発達の特徴について概観している。
 第2部では,人間が運動をすることで、身体と精神を統合しながら環境と調整しているその方略に関して,情報処理システムの観点から捉え,遊びと結びつけて考えている。さらに,いわゆる「運動能力」について,知的,情緒的,社会的な発達の側面について考究し,今後,就学前教育のあるべき環境のありようについて考えている。
 第3部では,生涯にわたって“我を統一する主体”の回復に焦点を当てる。子どもの内発的動機づけの視点から,その意志の働きについて,運動有能感や自己決定の獲得を土台に,我を忘れて純粋経験を成熟させていく遊びとの関連を捉えている。それらを踏まえ,これからの就学前教育の環境のありようや、就学前教育の方向性そのものについて,生活や遊び,労作環境と運動経験の関連、および指導のありかた,就学前教育を担う社会的役割の重要性について考えている。

もくじ

第1部 人類が希求する天命
 第1章 人の命は我にあり─天命を全うする知恵
 第2章 乳幼児の身体発達と脳の発達
第2部 生きるための運動戦略
 第1章 乳幼児期の運動学習方略
 第2章 運動能力の意味と健康寿命
第3部 健康を志向する主体の回復
 第1章 自らを動かす意志の働き
 第2章 健康からみた人類の道

Copyright© HOUBUNSHORIN All rights reserved.