萌文書林

保育の本質・目的を知る

165

保育者論

著者
大場幸夫 企画 阿部和子 梅田優子 久富陽子 前原寛 著
版型・頁
A5判 280頁 (2012/04/25)
ISBN
978-4-89347-165-9
税込価格
2,160円(本体2,000円+税)

カートに入れる

概要

今を生きるこどもと家族の最善を考え続けた故大場幸夫の集大成

保育実践研究第一人者の企画遺作。故人の遺志を継いだ著者陣が「保育とは何か」「保育者の担うことは何か」を考える足場となるように、手がかりを多く取り上げ深くわかりやすく探究する。実践と学びをつなぐ、学生・研究者必携の教科書決定版。

もくじ

序 章 「保育者」とは
第1章 「保育者になる」とは becoming
第2章 こどもと家族にとって「保育」とは何か being
第3章 「こどもの生活環境を整える」ということ being
第4章 冗長な日常を意味づける being
第5章 「発達」を捉える視点 becoming
第6章 保育者としての自らへの問い~保育者として成長していくために~ becoming
第7章 保育者の協働 living
第8章 保育者の子育て支援 living
第9章 保育ニーズの多様化と保育者の対応 being
第10章 保育者と思想

Copyright(c) HOUBUNSHORIN All rights reserved.