萌文書林

  • カテゴリー検索
  • 書籍一覧
  • カートを見る
  • テキスト採用見本
  • 正誤表ダウンロード
  • 会社概要
  • 支払い・送料について

research

ここがちがう放任保育と任せる保育

著者
本吉圓子 著
版型・頁
四六判 282頁 (1993/07/08)
ISBN
978-4-89347-039-3
税込価格
1686 円(本体1533円+税)

こちらの書籍は見本誌はありません。

子どもの自由を尊重し、子どもに任せることは大切である。しかし、「自由を尊重し任せる」ということと、「放任」することとは全く違う。本当の“自由”とは何か。子どもに“任せる”とはどういうことなのか、子どもたちの主体性の育ちを支えるために不可欠な「任せる保育」の実践のあり方を、今こそ全保育者で考えていかなければならない時である。

もくじ

1章 「子どもの心の安定」を求めるかかわりの中で
●おもらしをする子が“仲間はずれ” <コメント>「あなたがそう言われたら嫌でしょ」では解決しない! etc.
2章 「生活」のかかわりの中で
●着替えになんと1時間!! <コメント>「やってごらん」というだけでは、育つものは何もない etc.
3章 「遊びや行動」のかかわりの中で
4章 「行事活動」のかかわりの中で
●子どもに任せた誕生会 <コメント>ただ自分でやってごらん…」これはたんなる放任!! etc.

Copyright© HOUBUNSHORIN All rights reserved.