よく出会う問題とその対応

著者
中田カヨ子 他著
版型・頁
A5判 288頁 (1992/09/10)
ISBN
978-4-89347-019-5
価格
1,708 円(税込)
数 量

テキスト採用をご検討の先生方はこちらから見本を取り寄せ頂けます。

テキスト採用をお考えの先生はこちら

概要

実習が近づくと、学生は誰でも不安や悩みにとらわれる。「実習ではどんなことが起こるのだろうか」「子どもとどう接したらよいのだろうか」等。先輩の実体験を通して、「実習とはどのようなものであるか」を具体的に理解させ、そうした問題への考え方や対応の仕方を、読者と一緒に考えていく。実習の場で出会うさまざまな事柄は、日常の保育の姿そのものであり、それらの問題を実習生として、どのような対応をしていくかを考えることは、「保育を見る目」を自らの中に育てていくということである。

主要目次

<第1章> 初めて実習に出るときの問題
実習園にオリエンテーションに行くとき気をつけたいことは/実習日誌の書き方で気をつけたいことは/実習反省会での実習生は etc.
<第2章> 毎日の保育活動の中での問題
朝の視診はどのようなところをみたらよいか/発達の段階にあわせた「あそび」とは/部分実習のときの題材選びは etc.
<第3章> 子どもとの接し方の中での問題
子どもたちの名前がなかなか覚えられなくて/特定の子にピッタリとくっつかれてしまって/子どもとの約束を破ってしまったとき etc.
<第4章> 保育に付随する問題
保育者とのかかわりの中での問題/実習生同士がかちあったとき etc.