萌文書林

  • カテゴリー検索
  • 書籍一覧
  • カートを見る
  • テキスト採用見本
  • 正誤表ダウンロード
  • 会社概要
  • 支払い・送料について

保育の内容・方法を知る

乳児保育 一人一人を大切に<第3版>

著者
加藤敏子 編著 冨永由佳 著
版型・頁
A5判 204頁(2019/04/19)
ISBN
978-4-89347-342-4
税込価格
1760 円(本体1600円+税)

カートに入れる

概要

2017(平成29)年告示の保育所保育指針、幼保連携型認定こども園教育・保育要領の内容に対応した「乳児保育」テキスト

 保育にあたる者は、一人一人をしっかりと受けとめ、言葉で訴えるすべをもたない乳児が、何をしてほしいと求めているかを的確にとらえる必要がある。そのためには、子どもの目線や小さな行動表情を見逃さず、ここちよいスキンシップを惜しまず実践することが必要になる。本書では、乳児保育について長期間の現場で実践を行い、保育者養成にたずさわった者ならではの理論と実践を結び、学生のみなさんがよりわかりやすく理解できるよう構成している
(本書「はじめに」より要約)。

もくじ

第1章 乳児保育の意義
第2章 乳児保育の歴史と現状
第3章 3歳未満児の発達と保育
第4章 乳児保育の内容と方法
第5章 乳児を取り巻く保育の環境
第6章 保育の計画と記録
第7章 乳児保育の今後の課題

Copyright© HOUBUNSHORIN All rights reserved.