萌文書林

kurahasi-note_cover

倉橋惣三「児童心理」講義録を読み解く

著者
川上須賀子・槇 英子・浜口順子・中澤 潤・榎沢良彦
版型・頁
A5判 144頁(2017/06/01)
ISBN
978-4-89347-252-6
税込価格
2,484円(本体2,300円+税)

カートに入れる

こちらの書籍は見本誌はありません。

概要

倉橋惣三の「児童心理」講義録の本邦初公開

 日本の幼児教育の父・倉橋惣三は、保育者養成の教員としては「何を」「いかに」教授しようとしたのか。1934(昭和9)年の受講生のノートから、その講義の様子がいきいきと蘇る。
 55ページにわたる講義録の書き起こし、幼児教育史、心理学、保育者養成などの観点から論考を加えた。倉橋の「児童心理」講義としては、本邦初公開となる本書が、変革期を迎えた保育者養成における一つの道標になることを願う。

もくじ

Ⅰ 「川上ノート」とは
  1 「川上ノート」の背景
  2 「川上ノート」の特徴
  3 「児童心理」講義録の特徴

Ⅱ 倉橋惣三と「川上ノート」の時代
  1 1934(昭和9)~35(昭和10)年の倉橋の著作
  2 倉橋惣三のその他の論考(1934〈昭和9〉~35〈昭和10〉年)
  3 倉橋が求めた保育者の専門性

Ⅲ 倉橋惣三「児童心理」講義録
  目次/キーワード
  第1章 児童研究
  第2章 精神発達
  第3章 遊戯の心理
  第4章 幼児生活の非現実性
  第5章 自我の心理 自我生活

Ⅳ 保育者養成と心理学:心理学者としての倉橋惣三
  1 昭和初期の日本の心理学と児童心理学
  2 保育者養成における「児童心理学」の位置
  3 心理学者としての倉橋惣三
  4 倉橋の「児童心理」授業

Ⅴ 「児童心理」講義録が示唆すること
  1 「児童心理」と現在の養成課程における心理学系科目の比較
  2 さまざまな「自我」
  3 「児童心理」に見られる保育者観
  4 改めて倉橋から学ぶこと

※資料 幼児教育史年表

Copyright(c) HOUBUNSHORIN All rights reserved.