萌文書林

保育の内容・方法を知る

HoikuKateiron_cover_OL

保育課程論 ─保育の基盤の理解と実習への活用<第2版>

著者
加藤敏子・岡田耕一 編著 
津留明子・冨永由佳・富山大士 著
版型・頁
B5判(2色刷) 184頁 ワークシート付(2017/03/25)
ISBN
978-4-89347-177-2
税込価格
1,944円(本体1,800円+税)

カートに入れる

概要

「保育課程論」最新テキスト!! 第2版では、子ども・子育て支援新制度の施行にともなう法改正など、最新の資料を盛り込んだ

 保育所の保育課程、指導計画を主に取りあげ、保育課程・指導計画とは何か、子どもの発達過程、指導計画の豊富な事例(年間・月間指導計画はもちろん、異年齢児混合保育、障害児保育、長時間保育)を解説した。また、保育課程の編成と指導計画の作成の解説では、3歳児と1歳児に計画がどう作成されるのか系統立てて解説している。さらに本書で学びを深めた内容を実習でどう生かしていくのか、ワークシートを使用し実際に指導計画を作成してみるところまで収録した実践的テキスト。

もくじ

第1章 保育施設
第2章 幼稚園教育と保育所保育
第3章 保育の計画と評価の基本
第4章 子どもの発達過程と指導計画
第5章 保育所における保育の計画
第6章 保育の計画の作成と展開
第7章 保育所における保育の評価
第8章 実習につなげるために
巻末ワークシート(部分実習指導案/1日実習指導案)

Copyright(c) HOUBUNSHORIN All rights reserved.