萌文書林

141

保育者養成論

著者
小川博久 著
版型・頁
A5判 304頁 上製 (2013/04/30)
ISBN
978-4-89347-141-3
税込価格
2,700円(本体2,500円+税)

カートに入れる

こちらの書籍は見本誌はありません。

概要

保育者養成は、各分野の専門性の上に開かれた、相互関係性と総合性に結実する。

保育は決して単なる「子守り」ではない。乳幼児と大人との非対称性を理解し、適切にかかわる「構想力」を備えた近代社会の専門的な知性と能力を備えた保育者の養成は必須である。その養成カリキュラムや学科目編成上の課題を整理し、生きた実習の学びとの接続を実現するためには、アカデミズムそのものの再考も不可避である。

もくじ

序章 保育者養成の現代的意義
第1章 保育とは、「保育」の専門性とは
第2章 現代社会と「保育者」の存在意義
第3章 近代社会の新たな専門職としての学校教員の誕生
第4章 小学校教員教員養成カリキュラムの課題の変遷を振り返って
第5章 21世紀の教員養成の方向と課題
第6章 「保育者」養成カリキュラムの現状と問題点
第7章 保育者養成の課題と未来的展望

Copyright(c) HOUBUNSHORIN All rights reserved.